09 12 11










『犬猫救済の輪』動物愛護活動ドキュメンタリーの21日の記事を
そのままコピペさせていただいました。
   
 大至急、ご協力をお願いします。
22日正午0時より20キロ圏内が警戒区域となるとの情報です。
圏内に取り残されている動物を救うためには、最高決定機関である
原子力保安院にお願いする以外に方法は残されていないと考えます。
全ての力を結集して、原子力保安院に嘆願して下さい。


ご参考のため文章のサンプルを作りました。
ご自由に全体、部分をお使い下さい。
ひとり、ひとりが保安院にお願いすることで、あの子たちの命をお救いください。
御急ぎ下さい。
(特にお願い1)の内容は大切です)

原子力安全・保安院へのメールは→『こちら』

(当会作成文例)

20キロ圏内に取り残された動物救助のためのお願い

1)20キロ圏内での愛護団体、ボランテイアの活動の継続
徘徊犬猫その他愛玩動物の保護捕獲は私達の様な動物ボランティアでなければ成し遂げられません。
経験と技術が無ければ救助は困難です。私達は自己責任で活動しており、
この区域で活動したことによって将来、健康上の問題が発生してもいかなる苦情、要求を行うことはありません。
圏内への出入り時に警察の荷物チェックを受ける等いかなる条件にも従います。
動物ボランティアが活動時間や装備等必要な条件を満たした上で、引き続き20キロ圏内で活動を
続けられますようお取り計らい下さい。
2)飼い主自身によるペット救出
ペットを飼い主自身が連れ戻すことができるよう車両の準備をお願いします。
遠方避難等で飼い主自身が赴けない場合、愛護団体等が代行できるようお願いいたします。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

   私も自分の気持ちも記入して送信しました。

   人命第一はわかっている。頑張れ!日本!!!も痛いほどわかっている。
   でも、残されて死んでいく子達のことを思うといくら頑張って
   みんなと一緒に協力しあおうって思っていても心が折れそうになってしまう、、、
   
   ボランティアさん達が手薄になる休み前に立ち入り禁止を実行。
   23日24日なら動ける方もたくさんいらっしゃるだろうに。
   前にもそんなことがあった・・・
   大阪府はGW直前の夜中でも決定したんだと思う。
   翌日の早朝には119匹もの犬たちを薬殺した。


   どうせいくら頑張っても
   畜生の命と思っているトップの連中にとってはたかがペット。
   選挙権だってないしね。
   後からかかわった人達の苦情や要求も懸念してるだろうし。
   きっと頭の隅にすらないんだ!って投げやりになりそうになる。
   政府と末端の私達との間の温度差を感じざる得ない。
   それでも、一生懸命に頑張ってくださっているボランティアさん達に
   1匹でも残っている命を助けて欲しいから自分の出来ることを
   続けて行こうと思う。



   とりあえず、ここまでで更新です。
   いつもの記事は3時くらいまで待ってくださいねm(_ _)m



   通常の記事は↓↓↓下にありますm(_ _)m



[2011/04/21 13:00] 未分類 | TB(0) | CM(3)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2011/04/21 18:28] - [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2011/04/22 03:19] - [ 編集 ]

よそで見て保安院にメールってどうよ?って思ったけど、
この内容なら納得!
私もメールします。
行政が動けないならせめてボラの活動を許可してほしい!
[2011/04/22 12:03] Yomogi [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yamaminoharetaraiine.blog100.fc2.com/tb.php/1215-f7daf964